料理、グルメ、音楽、ネット、ビジネス、車・バイク、便利グッズ、日記、箕面ネタ等を発信していきます。

ナオブロドットコム

ポエム(詩)

山小屋の恋

投稿日:

 

静まり返った真夜中の暑い夜に

僕は孤独な風を探し続けていた

緩やかな坂を走ると薄黄色の街灯の下

そこには心休まる秘密の1つの山小屋

いつも一人なのにどうやら先客がいる

小さな赤と白い1台のヤマハのバイク

恋の予感はもう始まっていた この瞬間に

いつもと違う匂いがした

いつもと違う色を感じた

 

 

こんばんは。何処から来たの?

彼女は待っていた。僕を待っていた

明かりの下でヘルメットが光ってた

夏の終わりに鈴虫の声だけが聞こえる、

好きなようでまだ僕にはわからなかった

ただ一緒にいたい気持ちだけで時過ぎる

互いに連絡先は全く知る事も全く無かった

ただもう少し一緒に居たい

ただもう一度笑顔が見たい

スポンサードリンク

-ポエム(詩)

Copyright© ナオブロドットコム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.