*

「杖を突いた老人」

   

杖を突いた老人

 

星空を見上げ涙する

愛を失って涙する

老いた体に鞭を打つ

杖も持てないこの体

心にも杖があればと星に願い祈りを捧げる

老いた身体も灯火はもう消えようとしていた

悲しみに暮れた杖を突いた老人は今をも戦う

今日も杖を突いた老人はその杖で闇を切り裂く

 

鈍い黒光りする相棒

力は残っていない

老いた身体と旅する

吐息と命が襲う日々

夢は叶っていた夢を魂をかけ追い続けいた

僅かな時間はもう燃え尽きそうになっていた

古傷だらけの杖だけを持って老人は今も戦う

又明日も杖を突いた老人はその杖で立ち彷徨う

 

 

 

(作者より)

人生に走り続けた老人のポエムを書いてみました。一生懸命に生きたのに裏切りや全く想定外の災難に合い、行き場を探す気の強い老人です。曲がったことを極端に嫌い、時には涙を流しながら夜空を見上げる寂しい老人ですが、信念を貫き一本の杖だけで弱い力だけで・・残された僅かな時間に苦悩し葛藤の中たくましく生き続けた・・・

若い人は想像外の世界かもしれませんが人間は必ず歳を取ります。昔は人生50年とも言われていました。(織田信長)現代は医学が発達して、それなりに寿命は長くなっていっていると思いますが、健康や若さがあれば生きているのもいいかもしれません。愛する家族が居て幸せならば・・・ですが。

たった一人で生きている甲斐はありますか?一人ぼっちで年老いたいですか?

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

青い空の向こうで

青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

空だけを見ていた僕

空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

居場所

心休まる時 いつも愛し、愛してくれたこの場所 探し、彷徨ったあてに行き着いたこの場所 染み付いた大好

get to heart

果てしない、その君の想いには答えられない僕だけど 幻想と現実の中、共にいつも一緒に歩いた日々は・・

旅の昼寝

与えられた時 限られた旅 疲れることもあるさ いくら走り続けても 進めない時 少しだけのお休み 旅の

灰色の4つの目

自称高学歴だけを武器に、見にくい太った醜い豚達は 心弱った親族に隙を与える間までにになく 血を分けた

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

リピート

研ぎ澄まされた精神は 矛盾と戦う異様な頭上に漂う 虚ろな魂と繰り返される生と死 言葉では常識では科学

戦わず勝つ

戦いは常に血を流し涙で頬を濡らす 時として その戦いは勝利という奇跡を起こす 彼らには勝てないものが

銀河の果てに

銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

藍いダイヤ
藍いダイヤ

  藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

色づき始めた秋の夜
色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

青い空の向こうで
青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

空だけを見ていた僕
空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

銀河の果てに
銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。