*

心の交差点

      2018/06/07

タケブロドットコム
(ドメインが変わりました)
※旧心の交差点

私の恩師、兄、詩集の先生でもあります。

10代からのお付きあいですから、かなり長いのです。

私が道に迷ったとき、踏み外したとき、決して見捨てずに、ちょっとマニアックなご指導をいただいております。

年齢は私より4つほど兄ちゃんですが、少年の心を持った、忘れない気持ち。

それは私の思想の原点でもあります。

ノートに素晴らしい詩の在庫?を多数書き散らしており、以前はamebloでも運営されて活動されておりますたが、私の進めもあって(偉そうですいません)、再度ブログと戦い、挑戦を一緒に続けておられます。

私も、その熱い何というか志で不条理な毎日を乗り切るパワーを与えていただいていて大変感謝しております。

私の人生の現在、原点、目標、最終到着駅は「ハイパーボヘミアン」で自由人ですが、彼は毎日、ある団体職員を長きに渡り努めながら、不治の難病と闘い、日常のあらゆる見えない敵と戦う、心もその体もボロボロになりながら新たな可能性、自分を信じ、躍進されておられる素晴らしい「兄貴」なのです。

私のほうが先に逝くのか?兄のほうが先に逝くのか?

たぶん私のほうが瞬きにもならないときぐらいの時間差で、お先に帰りますが、生きるという旅を共に楽しく過ごさせていただいた氏に詩に感謝をしつつ、このブログで紹介させていただこうかとおもい、今回記事にしました。

詩を書いておられますが、最近は、詩の最後に熱いその想いを書いて頂いているので感情とか詩の意味とかがが分かり、吸い込まれたり、共感できる部分が増えてきました。

詩の素晴らしさ(あくまで私の持論ですが)

  • 全てオリジナル
  • やり放題、やりっ放し
  • 読む人(自分を含め)によって捕らえ方や色が変化する
  • 音楽と共通、共有化が自由にできる
  • 日記を超えた自己表現力、感性が研ぎ澄まされる
  • いろりろ、まだまだありますが、一見、

  • はずかしい
  • ばかにされる
  • 頭がおかしいとおもわれる
  • ホモじゃないのか?女々しい
  • など・・

    それは「はずかしい」こと。

    なのでしょうか?

    誰でも音楽は聴きませんか?
    好きな言葉はないのですか?
    自分の信念はないのですか?
    感動した出来事はないのですか?

    その答えは・・・誰しもNo!だと思っています。

     -ポエム(詩)

    スポンサードリンク

      関連記事

    愚か者

    自己愛の元にしか生きれない哀れな愚か者たちよ。 己の踏み外した間違った行ないは、いずれ、近い未来に裁

    灰色の4つの目

    自称高学歴だけを武器に、見にくい太った醜い豚達は 心弱った親族に隙を与える間までにになく 血を分けた

    明日を信じて

    1. 昨日の自分は過ぎ去った過去のモノ 過ぎ去った日々はもう戻らない 木漏れ日の中でありがとう、そし

    見えない風

    振り返ることもなく 目の前の木だけを見つめてる 泣いた日も忘れて 黒く染まった敗北者達は 記憶という

    ポエムが多くなってきて

    こんにちは夜もだいぶ深くなってきました 最近はブログの更新といえばポエムが多くなってきているのですが

    君を待つ最終電車

    君を待つ最終電車

    激しく降りしきる雨の最中で 君に会いたくて ずぶ濡れになりながら 涙溢れるヘルメットの中で君の名前を

    旅の昼寝

    与えられた時 限られた旅 疲れることもあるさ いくら走り続けても 進めない時 少しだけのお休み 旅の

    輝く光

    自由という名の憧れの世界は 襲う魔物と暗黒の孤独 とめどない戦いに生きる茨の道 生温い時間だけを売っ

    藍いダイヤ

    藍いダイヤ

      藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

    恋の船旅

    恋の船旅

      出会い愛し合い始めての旅 いつもの指定席信号の下で 君の赤いポーチ忘れないよ 手を振る

    スポンサードリンク

      Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    スポンサードリンク

    藍いダイヤ
    藍いダイヤ

      藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

    色づき始めた秋の夜
    色づき始めた秋の夜

      色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

    青い空の向こうで
    青い空の向こうで

      輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

    空だけを見ていた僕
    空だけを見ていた僕

      夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

    銀河の果てに
    銀河の果てに

      二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

    • ブログランキング・にほんブログ村へ

    • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。