*

居場所

   

心休まる時 いつも愛し、愛してくれたこの場所

探し、彷徨ったあてに行き着いたこの場所

染み付いた大好きな匂い お気に入りの景色

君と笑った 過ぎ去った季節だけが大切な時

時には冷たい雨が降り 抱きしめた温もりの残ったこの部屋

残された僅かな砂時計 運命は時に残酷に

心を切り裂く鋭いナイフのように

居場所が無ければ探せばいい

夜明けの星の数は見つかるまでの数少ない合図さ

僕らはボヘミアン ハイパーボヘミアンさ

愛を求めて明日もさすらい、旅を続ける

居場所を求めて。。。

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

色づき始めた秋の夜

色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

明日を信じて

1. 昨日の自分は過ぎ去った過去のモノ 過ぎ去った日々はもう戻らない 木漏れ日の中でありがとう、そし

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

no image

カメレオン

「カメレオン」 カメレオンは法という善意を装って 上下左右自由気ままに偽善丸出しに その狂気に満ちた

青い空の向こうで

青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

夢幻花火

夢幻花火

  あなたと一緒に過ごした夏の夜は 楽しくて嬉しくて時間を忘れたよ 銀色の馬は二人の思い出

リピート

研ぎ澄まされた精神は 矛盾と戦う異様な頭上に漂う 虚ろな魂と繰り返される生と死 言葉では常識では科学

あなたのいない空を見上げて

あなたのいない空を見上げて

  涙濡れたあの日あの夜の前に 戻れるなら戻りたいいつでも 二人暮らしてた幸せは二度と 還

「自分だけ」

人にはに厳しく 自分には甘い 俺ははいいが おまえは悪い お前はくたばれ 我は繁盛 そんなのがあなた

飛び出そう

さあ 飛び出そう 熱い心 胸に抱いて 限りある時間の中 限りない世界で さあ 新しい試みと 揺らぐ事

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

藍いダイヤ
藍いダイヤ

  藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

色づき始めた秋の夜
色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

青い空の向こうで
青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

空だけを見ていた僕
空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

銀河の果てに
銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。