*

君を待つ最終電車

   

君を待つ最終電車

激しく降りしきる雨の最中で

君に会いたくて ずぶ濡れになりながら

涙溢れるヘルメットの中で君の名前を叫んでる

カワサキも泣いている

僕の一番の相棒さ

いつになれば逢えるの

わからないまま風を感じて 走るのさ君の駅へ

 

星空を見上げながら改札口で

手のを繋ぎたい 君の温もりを感じたくて

待ちながらたった1つの甘酸っぱい林檎を手に

最終電車の時間が迫る

途切れる人波の中で

君の姿だけを探している

エンジンも心もキンキンと悲鳴だけが聞こえる

 

 

若かりし頃、2つ年上の付き合い始めた彼女がいました。
何故か気持ちがすれ違い(僕のわがままもありました)、連絡が取れなくなってしまいました。
当時は現在のように携帯電話も無く、逢えない恋人を待つ地道なことをしていました。
彼女に逢いたくて、逢いたくて、大雨の中、ナナハンバイク(カワサキ、750cc)に乗り、泣きながら仕事を終えて帰宅する彼女を駅で待つことしか出来なかった・・・
今から思えばただの「バカ」ですが、それしかな方法しか無かったのです。
田舎の駅で、駅前にカワサキを停めて、消えていくエンジンはキンキンという金属音がするのですが心も同じようにキンキンと悲鳴をあげていました。
駅前には果物を売る露天商のオヤジがおり、何も話をしていないのにどうしてわかったのか?「待ち人が来ないね~!早く逢えたらいいね~!」と売り物の林檎をくれたのです。その林檎をかじりながら何時間も彼女が帰る駅に待ち続けた香ばしい想い出です。
今でしたらストーカーになってしまいますよね。(笑)

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

まだ見ぬ夢

包み込む暖かさ、同じ時を過ごしていたね 旅の途中で、涙を見守って一緒に刻む流れの中で 何処までも君と

旅の昼寝

与えられた時 限られた旅 疲れることもあるさ いくら走り続けても 進めない時 少しだけのお休み 旅の

あなたのいない空を見上げて

あなたのいない空を見上げて

  涙濡れたあの日あの夜の前に 戻れるなら戻りたいいつでも 二人暮らしてた幸せは二度と 還

藍いダイヤ

藍いダイヤ

  藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

愚か者

自己愛の元にしか生きれない哀れな愚か者たちよ。 己の踏み外した間違った行ないは、いずれ、近い未来に裁

輝く光

自由という名の憧れの世界は 襲う魔物と暗黒の孤独 とめどない戦いに生きる茨の道 生温い時間だけを売っ

杖を突いた老人

「杖を突いた老人」

  星空を見上げ涙する 愛を失って涙する 老いた体に鞭を打つ 杖も持てないこの体 心にも杖

夢幻花火

夢幻花火

  あなたと一緒に過ごした夏の夜は 楽しくて嬉しくて時間を忘れたよ 銀色の馬は二人の思い出

光恋情

あなたを待つ 静かに流れるせせらぎのそばで まだ見ぬ恋を探して 光で贈る音なき世界 星の瞬きにもなら

宝船

宝船の仲間には時には厳しい掟がある 誰にも乗れない夢 永遠の後悔という旅 決して大きくは無いけれど 

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

藍いダイヤ
藍いダイヤ

  藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

色づき始めた秋の夜
色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

青い空の向こうで
青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

空だけを見ていた僕
空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

銀河の果てに
銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。