*

心ある旅人

   

「心ある旅人」

心ある旅人は 散りばめられた 夜空の星を見つめてる

出逢いを求め 走り続ける 目的地を運命に任せ

時には潮風を感じる場所を探し

時には一人になれる小さなバス停で無になり眠りにつく

ピースサインは また会おう お元気で 心を交わす数秒間の旅人の心

カワサキのエンジン音が僕の最高の音楽さ

風の匂い 草木の匂い トンネルを抜ける光のシャワーに 生きている時を感じる

偶然ではない必然を探し 求め 導かれ 引き寄せられ 奇跡に心打たれる

心ある旅人は 人を愛し感じ続ける 自分を信じ進み続ける

台本のない旅だからこそ 感動出来る奇跡を生むんだ

お前と俺はいつも一緒さ 二人っきりになれる場所に連れて行ってくれよな

人生に迷った時、カワサキでのオートバイ、GPZ900Rに乗り、一人よく旅をしていました。
ある程度目的の場所はあったのですが、旅で出逢った人の話、ランデブーなどによって、どんどん目的地が変わってきます。
今はカワサキはもうないのですが、(ホンダ)になっています。
メーカーだけの違いだけではない独特のクセが逆に面白くて、やっぱりカワサキが好きです。
季節的には夏の前は最高なのですが、行けるのか?とおもうと切なさが込み上げてきます。

あー行きたいなー

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

居場所

心休まる時 いつも愛し、愛してくれたこの場所 探し、彷徨ったあてに行き着いたこの場所 染み付いた大好

光恋情

あなたを待つ 静かに流れるせせらぎのそばで まだ見ぬ恋を探して 光で贈る音なき世界 星の瞬きにもなら

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

明日を信じて

1. 昨日の自分は過ぎ去った過去のモノ 過ぎ去った日々はもう戻らない 木漏れ日の中でありがとう、そし

詩 心の交差点

行き交う心には通る交差点がある 行ったことのない道を探して 迷い 彷徨う人々の 旅立つ発着場 時には

まだ見ぬ夢

包み込む暖かさ、同じ時を過ごしていたね 旅の途中で、涙を見守って一緒に刻む流れの中で 何処までも君と

リピート

研ぎ澄まされた精神は 矛盾と戦う異様な頭上に漂う 虚ろな魂と繰り返される生と死 言葉では常識では科学

戦わず勝つ

戦いは常に血を流し涙で頬を濡らす 時として その戦いは勝利という奇跡を起こす 彼らには勝てないものが

そばにいる

欲望と自己愛が渦巻く都会を離れ 心許せる小さな相棒とともに今僕は旅に出る 水辺に映る新しい世界 岩さ

no image

カメレオン

「カメレオン」 カメレオンは法という善意を装って 上下左右自由気ままに偽善丸出しに その狂気に満ちた

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

残留思念(残留思念体)を感じるとき 浄化は本当に必要?

残留思念(残留思念体)のお話です。 残留思念(残留思念体)とは肉体のない想い、願い、感情などが物や時

戦わず勝つ

戦いは常に血を流し涙で頬を濡らす 時として その戦いは勝利という奇跡を起こす 彼らには勝てないものが

詩 心の交差点

行き交う心には通る交差点がある 行ったことのない道を探して 迷い 彷徨う人々の 旅立つ発着場 時には

箕面 猿
箕面市 猿 市街地出没情報 猿はどこに?

箕面市桜ケ丘保育所に次男を朝、送りに行った際に玄関前に提示されていたポスターです。 箕面といえば「猿

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。