*

光恋情

   

あなたを待つ 静かに流れるせせらぎのそばで

まだ見ぬ恋を探して 光で贈る音なき世界

星の瞬きにもならない限られた時間の中

暗闘の中で出逢う奇跡を探して

弱い僕の心は 君だけを待っている

他に望む事は ただ 共に旅立つ一つだけで

小さな夢は 大きな幸せなんだ

それは誰にも止められない

見守る優しい瞳は感じてるよ

僕のこと 忘れないで そっと抱きしめて欲しい

I love you only

ずっと・・・・・

夏が来る前、この季節になると箕面市にある箕面川で蛍を見れる素敵な公園があります。
1~2週間で寿命を終える蛍・・・
蛍の気持ちになって詩を作ってみました。少し短いですが。
蛍って気温とか湿度とか時間帯とか飛んでいる、光っているのを探す波長?見たいなものがあります。
勿論、バンバン飛んでいる時もあるのですが、昨日、箕面川に見に行って思ったのですが、結構、心で見ないと、探さないと見えないんです。
蛍は弱い虫で捕まえると死んでしまうので、葉のとまるところを葉っぱごと、ちょっとだけ捕まえて(邪魔をしてゴメンネ)、恋を探しにいくところを見つめていました。
蛍の成虫は水しか飲まない(口が退化して飲めない?)ので寿命が短いとか・・・
まだ謎が多い虫ですが、繊細で美しい姿に心を求める人に勇気とか涙を与えてくれている生き物だと思います。
箕面市で蛍を見れる場所を探されている方は是非行ってみてください。
時間は少し蒸し暑い、夜の8時ぐらいがいいと思いますが、夢中になって川に足を取られないように注意してくださいね。
私は、川にはまってしまい、靴がずぶ濡れに・・・・自業自得・・・笑
子供がいらっしゃる方は夕方、少し暗くなる前に飲み物とお菓子、タオルなどを持参して行くといいですよ。
大阪府箕面市・箕面西公園には遊具もありますので遊べます。
ホタルの鑑賞には隠れた名所です。
駐車場もありますが、近くにドラッグストアやツタヤなど大型店もありますのでお買い物ついでにホタル鑑賞もいいですね。
2018.06.05

箕面西公園/箕面市

箕面西公園 | 子供とお出かけ情報「いこーよ」

 -ポエム(詩), , , ,

スポンサードリンク

  関連記事

杖を突いた老人

「杖を突いた老人」

  星空を見上げ涙する 愛を失って涙する 老いた体に鞭を打つ 杖も持てないこの体 心にも杖

戦わず勝つ

戦いは常に血を流し涙で頬を濡らす 時として その戦いは勝利という奇跡を起こす 彼らには勝てないものが

そばにいる

欲望と自己愛が渦巻く都会を離れ 心許せる小さな相棒とともに今僕は旅に出る 水辺に映る新しい世界 岩さ

由貴

絆に気づく今夜

星になった眠る母に 気づいてしまったこの夜 動かないあなたの顔を見てそう思ったの 「お母さん」 何と

老いぼれ企業戦士の末路

短い旅の途中でもがく良い子ちゃん達よ 気づく者、気づかない者 そんなことは俺にはわからねぇ 「永遠に

明日を信じて

1. 昨日の自分は過ぎ去った過去のモノ 過ぎ去った日々はもう戻らない 木漏れ日の中でありがとう、そし

「自分だけ」

人にはに厳しく 自分には甘い 俺ははいいが おまえは悪い お前はくたばれ 我は繁盛 そんなのがあなた

居場所

心休まる時 いつも愛し、愛してくれたこの場所 探し、彷徨ったあてに行き着いたこの場所 染み付いた大好

山小屋の恋

  静まり返った真夜中の暑い夜に 僕は孤独な風を探し続けていた 緩やかな坂を走ると薄黄色の

旅の昼寝

与えられた時 限られた旅 疲れることもあるさ いくら走り続けても 進めない時 少しだけのお休み 旅の

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

山小屋の恋

  静まり返った真夜中の暑い夜に 僕は孤独な風を探し続けていた 緩やかな坂を走ると薄黄色の

杖を突いた老人
「杖を突いた老人」

  星空を見上げ涙する 愛を失って涙する 老いた体に鞭を打つ 杖も持てないこの体 心にも杖

夢なき者は理想なし
夢なき者は理想なし

夢なき者は理想なし 理想なき者は信念なし 信念なき者は計画なし 計画なき者は実行なし 実行なき者は成

由貴
絆に気づく今夜

星になった眠る母に 気づいてしまったこの夜 動かないあなたの顔を見てそう思ったの 「お母さん」 何と

君を待つ最終電車
君を待つ最終電車

激しく降りしきる雨の最中で 君に会いたくて ずぶ濡れになりながら 涙溢れるヘルメットの中で君の名前を

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。