*

老いぼれ企業戦士の末路

   

短い旅の途中でもがく良い子ちゃん達よ

気づく者、気づかない者

そんなことは俺にはわからねぇ

「永遠に続く」ことはないこと

それは間違いのない事実なんだ

誤差を誤差と思わず、今だけしか頭にない良い子ちゃん達

金があって嬉しい?地位があって嬉しい?何が楽しいの?

大切なものを無くして私利私欲に走り続ける・・・

辿り付ける場所は皆同じさ

山道は険しく、茨の道は厳しい

大きな上り坂のあとは緩やかな下り坂

平坦でも谷に落ちることもある

でも同じ地球という船に乗っているのを忘れないでいて欲しい

あなたの命は私の全ての中で生きている

老いぼれ企業戦士は今日も戦う

老いぼれ企業戦士は 明日も唄う

命ある限り・・・

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

居場所

心休まる時 いつも愛し、愛してくれたこの場所 探し、彷徨ったあてに行き着いたこの場所 染み付いた大好

明日を信じて

1. 昨日の自分は過ぎ去った過去のモノ 過ぎ去った日々はもう戻らない 木漏れ日の中でありがとう、そし

愚か者

自己愛の元にしか生きれない哀れな愚か者たちよ。 己の踏み外した間違った行ないは、いずれ、近い未来に裁

心の交差点

タケブロドットコム (ドメインが変わりました) ※旧心の交差点 私の恩師、兄、詩集の先生でもあります

詩 心の交差点

行き交う心には通る交差点がある 行ったことのない道を探して 迷い 彷徨う人々の 旅立つ発着場 時には

見えない風

振り返ることもなく 目の前の木だけを見つめてる 泣いた日も忘れて 黒く染まった敗北者達は 記憶という

灰色の4つの目

自称高学歴だけを武器に、見にくい太った醜い豚達は 心弱った親族に隙を与える間までにになく 血を分けた

tomorrow

君の痛み、心が、身体が苦しくて、折れそうだよ 昨日までの辛さ、痛み、僕には分かるよ 空の色、鳥の声、

get to heart

果てしない、その君の想いには答えられない僕だけど 幻想と現実の中、共にいつも一緒に歩いた日々は・・

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

残留思念(残留思念体)を感じるとき 浄化は本当に必要?

残留思念(残留思念体)のお話です。 残留思念(残留思念体)とは肉体のない想い、願い、感情などが物や時

戦わず勝つ

戦いは常に血を流し涙で頬を濡らす 時として その戦いは勝利という奇跡を起こす 彼らには勝てないものが

詩 心の交差点

行き交う心には通る交差点がある 行ったことのない道を探して 迷い 彷徨う人々の 旅立つ発着場 時には

箕面 猿
箕面市 猿 市街地出没情報 猿はどこに?

箕面市桜ケ丘保育所に次男を朝、送りに行った際に玄関前に提示されていたポスターです。 箕面といえば「猿

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。