*

宝船

   

宝船の仲間には時には厳しい掟がある

誰にも乗れない夢 永遠の後悔という旅

決して大きくは無いけれど 大人には見えない幻の船

嵐の中荒れる海 着飾った「 張りぼて 」の船を避けるわけでもなく

ただただ見つめている

見つめてくれるあなたが欲しい

夢という世界の中で 生きる以外の幻の中で 裸になって
愛してる 愛している それだけしか時間が無い切なさの中で

僕は生きている今日も あなたを想い

ありがとう。空に誓うよ。

宝船の仲間には強く折れない心がある

乗り切れない大波 嵐の中の生きたい命

泣かない時はないけれど 船の中では泣く事もある

魂がぶつかる日 心の強さだけでホントは心が折れる日もあるんだ

愛し続けてくれるあなたが恋しい

あなたは幻では無くて 今が幻なのかな? 教えて、教えて
会いたい 会いたい 時空を越えた夢の中だけの世界の中で

あなたのいない世界は 残された抜けるこの体

また会おう。忘れないでいて

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

色づき始めた秋の夜

色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

銀河の果てに

銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

リピート

研ぎ澄まされた精神は 矛盾と戦う異様な頭上に漂う 虚ろな魂と繰り返される生と死 言葉では常識では科学

ガラスの悲鳴

照らす太陽の光が沈む光と影が交差する時 どんな時も静かに見つめていたあなた 曇りない目で愛を共に叶え

愚か者

自己愛の元にしか生きれない哀れな愚か者たちよ。 己の踏み外した間違った行ないは、いずれ、近い未来に裁

ポエムが多くなってきて

こんにちは夜もだいぶ深くなってきました 最近はブログの更新といえばポエムが多くなってきているのですが

「自分だけ」

人にはに厳しく 自分には甘い 俺ははいいが おまえは悪い お前はくたばれ 我は繁盛 そんなのがあなた

空だけを見ていた僕

空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

灰色の4つの目

自称高学歴だけを武器に、見にくい太った醜い豚達は 心弱った親族に隙を与える間までにになく 血を分けた

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

藍いダイヤ
藍いダイヤ

  藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

色づき始めた秋の夜
色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

青い空の向こうで
青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

空だけを見ていた僕
空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

銀河の果てに
銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。