*

川と涙と悲しみと

   

当たり前のように流れる川

その流れに流したいもの

それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ

一人、夕暮れのセピア色した川辺に立ちすくみ

溢れる想いを 願いを 手のひらに握り締める

小さな石に閉じ込めるのさ

そして 涙と共に想いを投げ打ち込むのさ

憎しみ、争い、叶わぬ想い

みんな、全て、見えないように

流れてしまえばいい

溶けてしまえばいい

壊れてしまえばいい

還る時のない時間を求め

流したい心は流れて行けばいい

希望という光の水を求めて掬い上げたい その全てを

涙にぬれた乾かぬ石を ただ見つめ 暗闇で星と囁く悲しい夜

小さな手の温もりだけを 感じて抱きしめて守りたい

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

ポエムが多くなってきて

こんにちは夜もだいぶ深くなってきました 最近はブログの更新といえばポエムが多くなってきているのですが

tomorrow

君の痛み、心が、身体が苦しくて、折れそうだよ 昨日までの辛さ、痛み、僕には分かるよ 空の色、鳥の声、

愚か者

自己愛の元にしか生きれない哀れな愚か者たちよ。 己の踏み外した間違った行ないは、いずれ、近い未来に裁

振り返らずに

振り返らずに昨日までの僕にさよなら 明日の出逢いに願いを込めて 明けない夜は、無いけれど 僕の心は切

明日を信じて

1. 昨日の自分は過ぎ去った過去のモノ 過ぎ去った日々はもう戻らない 木漏れ日の中でありがとう、そし

見えない風

振り返ることもなく 目の前の木だけを見つめてる 泣いた日も忘れて 黒く染まった敗北者達は 記憶という

心ある旅人

「心ある旅人」 心ある旅人は 散りばめられた 夜空の星を見つめてる 出逢いを求め 走り続ける 目的地

戦わず勝つ

戦いは常に血を流し涙で頬を濡らす 時として その戦いは勝利という奇跡を起こす 彼らには勝てないものが

灰色の4つの目

自称高学歴だけを武器に、見にくい太った醜い豚達は 心弱った親族に隙を与える間までにになく 血を分けた

リピート

研ぎ澄まされた精神は 矛盾と戦う異様な頭上に漂う 虚ろな魂と繰り返される生と死 言葉では常識では科学

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

残留思念(残留思念体)を感じるとき 浄化は本当に必要?

残留思念(残留思念体)のお話です。 残留思念(残留思念体)とは肉体のない想い、願い、感情などが物や時

戦わず勝つ

戦いは常に血を流し涙で頬を濡らす 時として その戦いは勝利という奇跡を起こす 彼らには勝てないものが

詩 心の交差点

行き交う心には通る交差点がある 行ったことのない道を探して 迷い 彷徨う人々の 旅立つ発着場 時には

箕面 猿
箕面市 猿 市街地出没情報 猿はどこに?

箕面市桜ケ丘保育所に次男を朝、送りに行った際に玄関前に提示されていたポスターです。 箕面といえば「猿

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。