*

戦わず勝つ

   

戦いは常に血を流し涙で頬を濡らす

時として その戦いは勝利という奇跡を起こす

彼らには勝てないものがある

それは時間(とき)という大きな力

後悔は大きな波となって己に打ち寄る

容赦ない高い壁は崩れ落ちた石となり傷おった身体に降りかかる

目の前の残された静かなさざなみ

見えた者が勝つ者 勝者なのだ

虹色の橋を渡るまで

今日も戦いは続いていく

戦わず勝つ

理想と幻想の中で

この命枯れるまで

戦いは続いていく

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

光恋情

あなたを待つ 静かに流れるせせらぎのそばで まだ見ぬ恋を探して 光で贈る音なき世界 星の瞬きにもなら

見えない風

振り返ることもなく 目の前の木だけを見つめてる 泣いた日も忘れて 黒く染まった敗北者達は 記憶という

老いぼれ企業戦士の末路

短い旅の途中でもがく良い子ちゃん達よ 気づく者、気づかない者 そんなことは俺にはわからねぇ 「永遠に

心の交差点

タケブロドットコム (ドメインが変わりました) ※旧心の交差点 私の恩師、兄、詩集の先生でもあります

君を待つ最終電車

君を待つ最終電車

激しく降りしきる雨の最中で 君に会いたくて ずぶ濡れになりながら 涙溢れるヘルメットの中で君の名前を

get to heart

果てしない、その君の想いには答えられない僕だけど 幻想と現実の中、共にいつも一緒に歩いた日々は・・

振り返らずに

振り返らずに昨日までの僕にさよなら 明日の出逢いに願いを込めて 明けない夜は、無いけれど 僕の心は切

居場所

心休まる時 いつも愛し、愛してくれたこの場所 探し、彷徨ったあてに行き着いたこの場所 染み付いた大好

杖を突いた老人

「杖を突いた老人」

  星空を見上げ涙する 愛を失って涙する 老いた体に鞭を打つ 杖も持てないこの体 心にも杖

飛び出そう

さあ 飛び出そう 熱い心 胸に抱いて 限りある時間の中 限りない世界で さあ 新しい試みと 揺らぐ事

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

山小屋の恋

  静まり返った真夜中の暑い夜に 僕は孤独な風を探し続けていた 緩やかな坂を走ると薄黄色の

杖を突いた老人
「杖を突いた老人」

  星空を見上げ涙する 愛を失って涙する 老いた体に鞭を打つ 杖も持てないこの体 心にも杖

夢なき者は理想なし
夢なき者は理想なし

夢なき者は理想なし 理想なき者は信念なし 信念なき者は計画なし 計画なき者は実行なし 実行なき者は成

由貴
絆に気づく今夜

星になった眠る母に 気づいてしまったこの夜 動かないあなたの顔を見てそう思ったの 「お母さん」 何と

君を待つ最終電車
君を待つ最終電車

激しく降りしきる雨の最中で 君に会いたくて ずぶ濡れになりながら 涙溢れるヘルメットの中で君の名前を

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。