*

そばにいる

   

欲望と自己愛が渦巻く都会を離れ

心許せる小さな相棒とともに今僕は旅に出る

水辺に映る新しい世界 岩さえも輝き そして

澄んだ川の流れの中 淀んだ心を洗い流してくれ

歌う木花はあなたを想い いつまでもささやくよ

時が止まった時空の中で 愛を出逢いを求め

見えない龍神はいつもあなたの側にいる

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

空だけを見ていた僕

空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

灰色の4つの目

自称高学歴だけを武器に、見にくい太った醜い豚達は 心弱った親族に隙を与える間までにになく 血を分けた

藍いダイヤ

藍いダイヤ

  藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

恋の船旅

恋の船旅

  出会い愛し合い始めての旅 いつもの指定席信号の下で 君の赤いポーチ忘れないよ 手を振る

愚か者

自己愛の元にしか生きれない哀れな愚か者たちよ。 己の踏み外した間違った行ないは、いずれ、近い未来に裁

由貴

絆に気づく今夜

星になった眠る母に 気づいてしまったこの夜 動かないあなたの顔を見てそう思ったの 「お母さん」 何と

no image

カメレオン

「カメレオン」 カメレオンは法という善意を装って 上下左右自由気ままに偽善丸出しに その狂気に満ちた

get to heart

果てしない、その君の想いには答えられない僕だけど 幻想と現実の中、共にいつも一緒に歩いた日々は・・

見えない風

振り返ることもなく 目の前の木だけを見つめてる 泣いた日も忘れて 黒く染まった敗北者達は 記憶という

ガラスの悲鳴

照らす太陽の光が沈む光と影が交差する時 どんな時も静かに見つめていたあなた 曇りない目で愛を共に叶え

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

藍いダイヤ
藍いダイヤ

  藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

色づき始めた秋の夜
色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

青い空の向こうで
青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

空だけを見ていた僕
空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

銀河の果てに
銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。