*

輝く光

   

自由という名の憧れの世界は

襲う魔物と暗黒の孤独 とめどない戦いに生きる茨の道

生温い時間だけを売って手に入れ満足かい?

60分、つまらない時間の無駄を安物の毒でやり過ぎし

ぬるま湯に浸かりのぼせて楽しいのかい?

自身がないのがあなたの生き方?何のエゴ?

数ある部品の1つ?、歯車のカケラ?

自由は自由じゃない、それはあなたにはわからない

もう一度考えてみて、挑戦と自分を信じることを

雲よりも一筋の輝く光に僕はなりたい

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

青い空の向こうで

青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

ガラスの悲鳴

照らす太陽の光が沈む光と影が交差する時 どんな時も静かに見つめていたあなた 曇りない目で愛を共に叶え

恋の船旅

恋の船旅

  出会い愛し合い始めての旅 いつもの指定席信号の下で 君の赤いポーチ忘れないよ 手を振る

戦わず勝つ

戦いは常に血を流し涙で頬を濡らす 時として その戦いは勝利という奇跡を起こす 彼らには勝てないものが

飛び出そう

さあ 飛び出そう 熱い心 胸に抱いて 限りある時間の中 限りない世界で さあ 新しい試みと 揺らぐ事

山小屋の恋

  静まり返った真夜中の暑い夜に 僕は孤独な風を探し続けていた 緩やかな坂を走ると薄黄色の

心の交差点

タケブロドットコム (ドメインが変わりました) ※旧心の交差点 私の恩師、兄、詩集の先生でもあります

君を待つ最終電車

君を待つ最終電車

激しく降りしきる雨の最中で 君に会いたくて ずぶ濡れになりながら 涙溢れるヘルメットの中で君の名前を

居場所

心休まる時 いつも愛し、愛してくれたこの場所 探し、彷徨ったあてに行き着いたこの場所 染み付いた大好

空だけを見ていた僕

空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

藍いダイヤ
藍いダイヤ

  藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

色づき始めた秋の夜
色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

青い空の向こうで
青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

空だけを見ていた僕
空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

銀河の果てに
銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。