*

tomorrow

   

君の痛み、心が、身体が苦しくて、折れそうだよ

昨日までの辛さ、痛み、僕には分かるよ

空の色、鳥の声、風の匂い 何処からか違ってた

冷たい壁、登れない 痛みの波止まらない

明日の僕を信じて

some one help me 助けて・・・

君の眠り、少しだけの瞬間(とき)、未来を見つめて

明日からの未来、希望、探し続けたいよ

生命(いのち)は1つ、愛する人のために

僕に任せて、僕を信じて、僕を愛して

前をだけ歩いて行こう

Believe in myself tomorrow 信じて ・・・

この詩は、とある麻酔医と希望を無くした哀れな患者との心の葛藤を意識して作りました。

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

老いぼれ企業戦士の末路

短い旅の途中でもがく良い子ちゃん達よ 気づく者、気づかない者 そんなことは俺にはわからねぇ 「永遠に

ガラスの悲鳴

照らす太陽の光が沈む光と影が交差する時 どんな時も静かに見つめていたあなた 曇りない目で愛を共に叶え

詩 心の交差点

行き交う心には通る交差点がある 行ったことのない道を探して 迷い 彷徨う人々の 旅立つ発着場 時には

ポエムが多くなってきて

こんにちは夜もだいぶ深くなってきました 最近はブログの更新といえばポエムが多くなってきているのですが

輝く光

自由という名の憧れの世界は 襲う魔物と暗黒の孤独 とめどない戦いに生きる茨の道 生温い時間だけを売っ

杖を突いた老人

「杖を突いた老人」

  星空を見上げ涙する 愛を失って涙する 老いた体に鞭を打つ 杖も持てないこの体 心にも杖

居場所

心休まる時 いつも愛し、愛してくれたこの場所 探し、彷徨ったあてに行き着いたこの場所 染み付いた大好

そばにいる

欲望と自己愛が渦巻く都会を離れ 心許せる小さな相棒とともに今僕は旅に出る 水辺に映る新しい世界 岩さ

山小屋の恋

  静まり返った真夜中の暑い夜に 僕は孤独な風を探し続けていた 緩やかな坂を走ると薄黄色の

振り返らずに

振り返らずに昨日までの僕にさよなら 明日の出逢いに願いを込めて 明けない夜は、無いけれど 僕の心は切

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

山小屋の恋

  静まり返った真夜中の暑い夜に 僕は孤独な風を探し続けていた 緩やかな坂を走ると薄黄色の

杖を突いた老人
「杖を突いた老人」

  星空を見上げ涙する 愛を失って涙する 老いた体に鞭を打つ 杖も持てないこの体 心にも杖

夢なき者は理想なし
夢なき者は理想なし

夢なき者は理想なし 理想なき者は信念なし 信念なき者は計画なし 計画なき者は実行なし 実行なき者は成

由貴
絆に気づく今夜

星になった眠る母に 気づいてしまったこの夜 動かないあなたの顔を見てそう思ったの 「お母さん」 何と

君を待つ最終電車
君を待つ最終電車

激しく降りしきる雨の最中で 君に会いたくて ずぶ濡れになりながら 涙溢れるヘルメットの中で君の名前を

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。