*

旅の昼寝

   

与えられた時 限られた旅 疲れることもあるさ

いくら走り続けても 進めない時 少しだけのお休み

旅の昼寝は誰だって しなきゃ前に進めない小さな儀式

辛くて歌えないことよりも 休んで歌うほうが君らしい

風に身を任せ 光を感じて 空に続く想いを 叫び泣けばいい

旅の終わりは 少し先だから ゆっくりと 羽ばたこう 今は・・・

歩き続ける時 見慣れた景色 もう1度感じよう

がむしゃらに生きるより 振り返る時 命を感じよう

負けない気持ちは いつだって誰にでも掴みたいんだ

君を待っている人だけは 君が思うよりずっとずっと 

心を魂に乗せ ずっとずっと 何処までも何時までも

旅の始まりは すぐに始まる 少しずつ 考えよう 明日に・・・

これは
重病で連絡が取れない詩の先生にgmailで送った詩です。

先生、生きているのかな?苦しんでいないのかな?という想いで作りました。

即席ですが・・・・

よく、死ぬことは旅に出るとかいう表現表現方法がありますが、私は全く逆の発想です。

逆なのです。

生きている→旅
死ぬ→帰る(戻る)

人生はいくら頑張っても100年?数十年?

人間からしたら長いかもしれませんが、地球規模、宇宙規模、ならどうですか?
動物、虫レベルからしたらどうですか?

100年前に貴方は何をしていましたか?
200年前は????

生きている間(今)より明らかに死んでいる(生まれる前)のほうが長かったはずです。

大切な1日を無駄に過ごすことのないように・・・

私も無駄ばかりですが・・・

宇宙からしたら人の一生なんか瞬きにもならない僅かな時間なのです。

私は、宗教とか信じていないし興味もありませんが、そう思うのです。

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

no image

カメレオン

「カメレオン」 カメレオンは法という善意を装って 上下左右自由気ままに偽善丸出しに その狂気に満ちた

灰色の4つの目

自称高学歴だけを武器に、見にくい太った醜い豚達は 心弱った親族に隙を与える間までにになく 血を分けた

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

宝船

宝船の仲間には時には厳しい掟がある 誰にも乗れない夢 永遠の後悔という旅 決して大きくは無いけれど 

ポエムが多くなってきて

こんにちは夜もだいぶ深くなってきました 最近はブログの更新といえばポエムが多くなってきているのですが

リピート

研ぎ澄まされた精神は 矛盾と戦う異様な頭上に漂う 虚ろな魂と繰り返される生と死 言葉では常識では科学

詩 心の交差点

行き交う心には通る交差点がある 行ったことのない道を探して 迷い 彷徨う人々の 旅立つ発着場 時には

振り返らずに

振り返らずに昨日までの僕にさよなら 明日の出逢いに願いを込めて 明けない夜は、無いけれど 僕の心は切

見えない風

振り返ることもなく 目の前の木だけを見つめてる 泣いた日も忘れて 黒く染まった敗北者達は 記憶という

まだ見ぬ夢

包み込む暖かさ、同じ時を過ごしていたね 旅の途中で、涙を見守って一緒に刻む流れの中で 何処までも君と

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

残留思念(残留思念体)を感じるとき 浄化は本当に必要?

残留思念(残留思念体)のお話です。 残留思念(残留思念体)とは肉体のない想い、願い、感情などが物や時

戦わず勝つ

戦いは常に血を流し涙で頬を濡らす 時として その戦いは勝利という奇跡を起こす 彼らには勝てないものが

詩 心の交差点

行き交う心には通る交差点がある 行ったことのない道を探して 迷い 彷徨う人々の 旅立つ発着場 時には

箕面 猿
箕面市 猿 市街地出没情報 猿はどこに?

箕面市桜ケ丘保育所に次男を朝、送りに行った際に玄関前に提示されていたポスターです。 箕面といえば「猿

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。