*

旅の昼寝

   

与えられた時 限られた旅 疲れることもあるさ

いくら走り続けても 進めない時 少しだけのお休み

旅の昼寝は誰だって しなきゃ前に進めない小さな儀式

辛くて歌えないことよりも 休んで歌うほうが君らしい

風に身を任せ 光を感じて 空に続く想いを 叫び泣けばいい

旅の終わりは 少し先だから ゆっくりと 羽ばたこう 今は・・・

歩き続ける時 見慣れた景色 もう1度感じよう

がむしゃらに生きるより 振り返る時 命を感じよう

負けない気持ちは いつだって誰にでも掴みたいんだ

君を待っている人だけは 君が思うよりずっとずっと 

心を魂に乗せ ずっとずっと 何処までも何時までも

旅の始まりは すぐに始まる 少しずつ 考えよう 明日に・・・

これは
重病で連絡が取れない詩の先生にgmailで送った詩です。

先生、生きているのかな?苦しんでいないのかな?という想いで作りました。

即席ですが・・・・

よく、死ぬことは旅に出るとかいう表現表現方法がありますが、私は全く逆の発想です。

逆なのです。

生きている→旅
死ぬ→帰る(戻る)

人生はいくら頑張っても100年?数十年?

人間からしたら長いかもしれませんが、地球規模、宇宙規模、ならどうですか?
動物、虫レベルからしたらどうですか?

100年前に貴方は何をしていましたか?
200年前は????

生きている間(今)より明らかに死んでいる(生まれる前)のほうが長かったはずです。

大切な1日を無駄に過ごすことのないように・・・

私も無駄ばかりですが・・・

宇宙からしたら人の一生なんか瞬きにもならない僅かな時間なのです。

私は、宗教とか信じていないし興味もありませんが、そう思うのです。

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

tomorrow

君の痛み、心が、身体が苦しくて、折れそうだよ 昨日までの辛さ、痛み、僕には分かるよ 空の色、鳥の声、

由貴

絆に気づく今夜

星になった眠る母に 気づいてしまったこの夜 動かないあなたの顔を見てそう思ったの 「お母さん」 何と

振り返らずに

振り返らずに昨日までの僕にさよなら 明日の出逢いに願いを込めて 明けない夜は、無いけれど 僕の心は切

老いぼれ企業戦士の末路

短い旅の途中でもがく良い子ちゃん達よ 気づく者、気づかない者 そんなことは俺にはわからねぇ 「永遠に

まだ見ぬ夢

包み込む暖かさ、同じ時を過ごしていたね 旅の途中で、涙を見守って一緒に刻む流れの中で 何処までも君と

心ある旅人

「心ある旅人」 心ある旅人は 散りばめられた 夜空の星を見つめてる 出逢いを求め 走り続ける 目的地

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

get to heart

果てしない、その君の想いには答えられない僕だけど 幻想と現実の中、共にいつも一緒に歩いた日々は・・

灰色の4つの目

自称高学歴だけを武器に、見にくい太った醜い豚達は 心弱った親族に隙を与える間までにになく 血を分けた

no image

カメレオン

「カメレオン」 カメレオンは法という善意を装って 上下左右自由気ままに偽善丸出しに その狂気に満ちた

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

山小屋の恋

  静まり返った真夜中の暑い夜に 僕は孤独な風を探し続けていた 緩やかな坂を走ると薄黄色の

杖を突いた老人
「杖を突いた老人」

  星空を見上げ涙する 愛を失って涙する 老いた体に鞭を打つ 杖も持てないこの体 心にも杖

夢なき者は理想なし
夢なき者は理想なし

夢なき者は理想なし 理想なき者は信念なし 信念なき者は計画なし 計画なき者は実行なし 実行なき者は成

由貴
絆に気づく今夜

星になった眠る母に 気づいてしまったこの夜 動かないあなたの顔を見てそう思ったの 「お母さん」 何と

君を待つ最終電車
君を待つ最終電車

激しく降りしきる雨の最中で 君に会いたくて ずぶ濡れになりながら 涙溢れるヘルメットの中で君の名前を

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。