*

明日を信じて

   

1.

昨日の自分は過ぎ去った過去のモノ

過ぎ去った日々はもう戻らない

木漏れ日の中でありがとう、そしてごめんなさい

輝く太陽、照らす月光、瞬間(とき)は止まらず流れていく

辛いとき、泣きたいときもあるけれど明日が信じて生きていく
前を向いて歩いていく

明日を信じて、自分を信じて進んで行こうよ。

I believe in tomorrow…..
希望を信じて・・・・・明日を信じて・・・・

2.
今日の自分は自分で作っていくモノ

新しい出会い、そして見つけられたこと

今日も生きてる、生かさせてもらっているんだ

試みは沢山いろいろあるけれど自分に勝つと信じるだけ

弱い心、折れてしまうときこそ今なんだ、この瞬間(とき)
しかないんだ

明日を信じて、自分を信じて進んで行こうよ。

Believe in yourself

希望を信じて・・・・・明日を信じて・・・・

毎日、辛い日々が続く中で自分を応援するために作った詩です。
今の現状を受け入れながら次の挑戦に向かっていきたい、向かっていければという思いで考えました。

 -ポエム(詩)

スポンサードリンク

  関連記事

ポエムが多くなってきて

こんにちは夜もだいぶ深くなってきました 最近はブログの更新といえばポエムが多くなってきているのですが

山小屋の恋

  静まり返った真夜中の暑い夜に 僕は孤独な風を探し続けていた 緩やかな坂を走ると薄黄色の

get to heart

果てしない、その君の想いには答えられない僕だけど 幻想と現実の中、共にいつも一緒に歩いた日々は・・

色づき始めた秋の夜

色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

リピート

研ぎ澄まされた精神は 矛盾と戦う異様な頭上に漂う 虚ろな魂と繰り返される生と死 言葉では常識では科学

銀河の果てに

銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

「自分だけ」

人にはに厳しく 自分には甘い 俺ははいいが おまえは悪い お前はくたばれ 我は繁盛 そんなのがあなた

川と涙と悲しみと

当たり前のように流れる川 その流れに流したいもの それは捨てたい 悲しみ、怒り、寂しさ 一人、夕暮れ

旅の昼寝

与えられた時 限られた旅 疲れることもあるさ いくら走り続けても 進めない時 少しだけのお休み 旅の

夢幻花火

夢幻花火

  あなたと一緒に過ごした夏の夜は 楽しくて嬉しくて時間を忘れたよ 銀色の馬は二人の思い出

スポンサードリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

藍いダイヤ
藍いダイヤ

  藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

色づき始めた秋の夜
色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

青い空の向こうで
青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

空だけを見ていた僕
空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

銀河の果てに
銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。