料理、グルメ、音楽、ネット、ビジネス、車・バイク、便利グッズ、日記、箕面ネタ等を発信していきます。

ナオブロドットコム

「 月別アーカイブ:2018年08月 」 一覧

空だけを見ていた僕

ポエム(詩)

空だけを見ていた僕

2018/8/30  

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の中で 山に沈む夕日は 明日を信じて感じて 公園のベンチは 冷たくて暗過ぎても 時を越えて今夜 漂う君 ...

銀河の果てに

ポエム(詩)

銀河の果てに

2018/8/28  

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流星に何を願ったのだろうか 僕と永遠に愛を誓ったはずなのに あの星空はいつまでも続いている ただ違うの ...

あなたのいない空を見上げて

ポエム(詩)

あなたのいない空を見上げて

2018/8/25  

  涙濡れたあの日あの夜の前に 戻れるなら戻りたいいつでも 二人暮らしてた幸せは二度と 還らない還れない今があるの 全ては君のために生きてきた そっと近づきたい会えるまで   &n ...

夢幻花火

ポエム(詩)

夢幻花火

2018/8/22  

  あなたと一緒に過ごした夏の夜は 楽しくて嬉しくて時間を忘れたよ 銀色の馬は二人の思い出を巡らせる はにかむ笑顔に私の心は揺さぶられる 飾り気のないところがとても好きなの 優しいその瞳をい ...

恋の船旅

ポエム(詩)

恋の船旅

2018/8/18  

  出会い愛し合い始めての旅 いつもの指定席信号の下で 君の赤いポーチ忘れないよ 手を振る後ろの茶色の電車 小さな手が僕の体を抱きしめる 一緒に行くんだ あの島へ今は どんな色が二人見れるん ...

ポエム(詩)

山小屋の恋

2018/8/17  

  静まり返った真夜中の暑い夜に 僕は孤独な風を探し続けていた 緩やかな坂を走ると薄黄色の街灯の下 そこには心休まる秘密の1つの山小屋 いつも一人なのにどうやら先客がいる 小さな赤と白い1台 ...

杖を突いた老人

ポエム(詩)

「杖を突いた老人」

2018/8/3  

  星空を見上げ涙する 愛を失って涙する 老いた体に鞭を打つ 杖も持てないこの体 心にも杖があればと星に願い祈りを捧げる 老いた身体も灯火はもう消えようとしていた 悲しみに暮れた杖を突いた老 ...

夢なき者は理想なし

Business

夢なき者は理想なし

2018/8/1  

夢なき者は理想なし 理想なき者は信念なし 信念なき者は計画なし 計画なき者は実行なし 実行なき者は成果なし 成果なき者は幸福なし ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。   これは私が現在 ...

Copyright© ナオブロドットコム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.