*

「 月別アーカイブ:2018年05月 」 一覧

老いぼれ企業戦士の末路

  2018/05/31    ポエム(詩)

短い旅の途中でもがく良い子ちゃん達よ 気づく者、気づかない者 そんなことは俺にはわからねぇ 「永遠に

旅の昼寝

  2018/05/29    ポエム(詩)

与えられた時 限られた旅 疲れることもあるさ いくら走り続けても 進めない時 少しだけのお休み 旅の

宝船

  2018/05/26    ポエム(詩)

宝船の仲間には時には厳しい掟がある 誰にも乗れない夢 永遠の後悔という旅 決して大きくは無いけれど 

心ある旅人

  2018/05/26    ポエム(詩)

「心ある旅人」 心ある旅人は 散りばめられた 夜空の星を見つめてる 出逢いを求め 走り続ける 目的地

カメレオン

  2018/05/26    ポエム(詩)

「カメレオン」 カメレオンは法という善意を装って 上下左右自由気ままに偽善丸出しに その狂気に満ちた

心の交差点

  2018/05/25   2018/06/07   ポエム(詩)

タケブロドットコム (ドメインが変わりました) ※旧心の交差点 私の恩師、兄、詩集の先生でもあります

ガラスの悲鳴

  2018/05/22    ポエム(詩)

照らす太陽の光が沈む光と影が交差する時 どんな時も静かに見つめていたあなた 曇りない目で愛を共に叶え

見えない風

  2018/05/22    ポエム(詩)

振り返ることもなく 目の前の木だけを見つめてる 泣いた日も忘れて 黒く染まった敗北者達は 記憶という

輝く光

  2018/05/21    ポエム(詩)

自由という名の憧れの世界は 襲う魔物と暗黒の孤独 とめどない戦いに生きる茨の道 生温い時間だけを売っ

そばにいる

  2018/05/21    ポエム(詩)

欲望と自己愛が渦巻く都会を離れ 心許せる小さな相棒とともに今僕は旅に出る 水辺に映る新しい世界 岩さ

スポンサードリンク

藍いダイヤ
藍いダイヤ

  藍いダイヤ 広い砂漠の中 小さな藍い輝きが 眩い暗い光が 僕を照らしている 明るい声顔

色づき始めた秋の夜
色づき始めた秋の夜

  色づき始めた秋の夜は 木の葉色の空の下で 乾いた空気さえ 悲しみの色に変わる 一人で見

青い空の向こうで
青い空の向こうで

  輝く青い空は青い空は 果てしなくて 僕の悲しみと深い傷を 優しく見てる 包んでくれてい

空だけを見ていた僕
空だけを見ていた僕

  夕闇を二人見ていた あの頃のように 蘇る記憶の中でさえ 寂しさを感じて 笑顔の君の瞳の

銀河の果てに
銀河の果てに

  二人見ていた星空は 時が静かに流れていた 山の上の頂上で キラキラと輝いていた 君は流

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • 当ブログでも使用しているレンタルサーバーです。